群馬県高崎市 司法書士・行政書士 岡住(おかずみ)事務所
トップイメージ
--- MENU ---
トップページ
業務案内
訴訟・裁判と借金
訴訟・裁判のこと
借金・負債でお困りの方へ
消費者契約とクーリングオフ
会社と事業
会社を設立したい
新会社法への対応はお済みですか?
会社合併・分割とM&A
内部統制とコンプライアンス
土地と建物
売買・贈与と名義変更
遺言と相続
登記オンライン申請
オンライン申請で費用軽減

費用・手数料
プロフィール
アクセス
お問合せ

お気軽にご相談下さい。
相談(面談)予約
メール相談



司法書士岡住貞宏の日記帳

吉田会計グループ

山本総合法律事務所

行政書士コヤマ事務所

近藤誠司法書士事務所

事務系専門人材派遣事業INFINITY


日本司法書士会連合会

群馬司法書士会

高崎商工会議所 高崎わいわい広場

新会社法で株式会社の設立が容易になりました!
資本金は1円以上、役員は取締役1名でOKです。
会社の規模に合わせて、役員構成もバリエーションが豊富になりました。
詳しくは>>コチラ

もはや常識電子定款
株式会社設立の際に作る定款は、紙ではなく電子定款にすると、収入印紙代4万円がかからず、お得です。司法書士が作成する定款は、電子定款がもはや常識。当事務所は、もちろん電子定款に対応済みです。

合同会社(LLC)という会社のカタチ
新会社法では、新しく「合同会社」というカタチの会社を設立することができます。
合同会社は、株式会社とは異なり、出資者に対する利益分配割合を自由に定めることができます。設立費用が安上がりなのも合同会社の特徴。
新規起業の場合、最初は合同会社を設立し、事業の拡大にともない株式会社に組織変更するというのもひとつの手です。
株式会社だから信用があるという時代はもう終わりました。
「会社は小さく、事業は大きく」というのが、これからの会社経営の基本です。

LLPで共同事業
複数の個人・会社が共同事業をする場合、LLP(有限責任事業組合)という組織を利用することもできます。LLPは合同会社に類似した組織ですが、法人格はありません。LLPの最大の特徴は、法人税がかからないこと。LLPが赤字の場合、LLP構成員は他の所得から赤字分を差くことができ、節税効果が期待できます。

費用
ケース1
 株式会社設立 資本金500万円 発起人・取締役3名 支店なし

手数料
(設立登記申請まで一式)
 105,000円(税込)
実費(登録免許税・公証人手数料等) 約196,000円
合計 約301,000円

ケース2
 合同会社設立 資本金200万円 社員2名 支店なし
手数料
(設立登記申請まで一式)
  73,500円(税込)
実費(登録免許税等) 約 56,000円
合計 約129,500円

上記のケースは、一般的な手続きを想定した概算金額です。
個別事情により金額が異なる場合もありますのでご了承下さい。
(C) 岡住事務所 2006. All rights reserved.